Author path Featured Update

機能のアップデート

今後のアップデート

リファレンス管理機能のアップデート

Author Path内でのリファレンス管理がより効率良く簡単になります。

今後のアップデート

執筆画面のアップデート

カバーレターウィザードに執筆画面からアクセスし、カバーレターを作成できるようになります。

2018年10月

ORCIDとの連結

ORCiDのアカウントでAuthor Pathをお使いいただけるようになりました。今後ORCiDのその他の機能もAuthor Pathに追加予定です。

新しい機能
論文アップロード機能
2018年8月

論文アップロード機能

Microsoft Word(.docs)またはLatex(.Tex)の論文ファイルをAuthor Pathにアップロードし、執筆していただくことが可能になりました。

新しい機能
論文アップロード機能
2018年7月

フルスクリーンの執筆画面

フルスクリーンで執筆画面がより見やすく、使いやすくなりました。

フルスクリーンの執筆画面
2018年5月

Author Path日本語版のリリース

Author Pathを日本語でご利用いただけるようになりました。日本のユーザーに向けて科学論文執筆ツールをローカライズしたのはエダンズが初めてです。

Author Path日本語版のリリース
2017年10月

アップデートされたヒント

執筆ガイドに関するすべてのヒントが最新の情報に更新されました。実際に出版された文献からの用例も含まれています。

2017年9月

報告用ダッシュボード

執筆の進行状況をトラッキングするため報告用ダッシュボードが追加されました。

新しい機能
2017年8月

Journal Selectorの統合

キーワード、研究分野、ジャーナル名、公開者、アブストラクトから28,000件以上のジャーナルが検索できるようになりました。Author Pathの新しいプロジェクトを開始すると、研究分野やプロジェクトのキーワードに基づき、ジャーナルに関するアドバイスが得られます。

新しい機能
2017年7月

文献の検索、保存、インポート

PubMedなどのオンラインデータベースから文献を検索して、リソースライブラリに保存してください。文献は、MendeleyやEndNoteなどの文献管理ソフトから直接インポートできます。

2017年6月

回答形式のウィザードによるカバーレター作成

プロジェクトに関するいくつかの質問に答えることで、投稿用のプロフェッショナルなカバーレターを自動的に作成することができます。

新しい機能
2017年5月

Author Pathの開始!